設計事務所は依頼主の夢の実現のために、下のような流れで仕事を進めて行きます。
設計業務 工事監理業務
建築意図と要求条件 工事費見積について 設計意図の伝達 工事費中間払い
法令上の諸条件の調査 見積内容検討 施工計画の作成 設計図書に定める施工の立会、指示
プランやスケッチの作成 施工業者決定 設計図書に定める施工の
立会、指示
工事完了報告
基本設計 請負契約条件について 設計図書に定める材料、設備等の検査、確認 工事費最終払い
実施設計 工事請負契約 工事進捗状況  
 
●設計相談
依頼主の想いはさまざまです。一人ひとりの夢があり、一人ひとりの事情が違います。たとえば、
  • 1階部分をお店にしたい
  • 二世帯住宅にしたいが、出入り口を分けた方がいい?
  • バリアフリーの住宅を考えている
  • 敷地が狭い
  • などなど…

これらの相談にのって、依頼主のお手伝いをするのが設計士なのです。
希望や条件(敷地の広さ、予算など)は、何でもご相談ください。

 
●基本構想
設計に先立ち、依頼主の希望に応じた条件を検討し、基本設計への設計条件を整理する仕事です。 敷地の周辺条件を調査し、法規に照らし合わせたりして、依頼主の希望にできるだけ沿った形にまとめ、依頼主に提示します。 依頼主が「この建築士事務所に設計を頼もう」と思ったら、「業務委託契約」を結びます。
 
●基本設計
依頼主から示された条件を総合的にデザインしていくのが、基本設計です。
建物の平面、空間の構成、各部の寸法や面積、建築的・設備的な面などを、品質や予算とのバランスを考えながら検討していきます。 依頼主の建物への想いを形にするための重要な過程です。
 
●実施設計
基本設計ができたら、いよいよ工事に取り掛かるための図面を作成します。これが実施設計です。
構造設計図、構造計算書、設備設計書、意匠設計図、各工事仕様書、工事費概算書、建物関係緒手続き書類など、たくさんの図面や書類があります。 またこれらの設計図書を用いて「建築確認申請手続き」を行います。「建築確認通知書」を受け取ってからでなければ、着工はできません。
 
●工事監理
工事請負契約がなされる時点で、「監理業務」となります。工事期間中さまざまな方法で設計意図を工事業者に明確に伝達します。 施工検査・強度試験・材料検査などのチェックをし、各工事が請負契約書などに従っているか監理する仕事です。
 
良い家相とは、住む人を病気にさせない家づくりの知恵です。
良い方位のエネルギーを、家(住宅)というフィルターを通し、設計活用し、私たちの健康な人生により良い作用を与えることです。
建築家の視点から 人生を幸福に快適さを感じる家とは、家相設計上の基本ポイントが、しっかり押さえられていて、日照、通気性等の自然条件も良く、快適なエネルギーの流れを持っており悪い気のエネルギーが充満されないものだと思います。人と家とは別々の存在ではなく、そこに居住する人の心を映し その家が出すエネルギーの中で生活をします。
家相とは<家の相>が、自然と調和して建築設計されているかどうかで吉凶を判断する事です。
私たちは自然の中で生き、その恵みを受けて生活をしているのですから自然の作用を無視する事
はできません。住まいは、春夏秋冬の四季を感じる事ができるすばらしいものであって欲しい、 そして、そのような環境の家造りをする判断基準のひとつとして家相学が、存在するのだと思います。
今のお家に家相で不安を感じていらっしゃれば 吉相の家にするお手伝いもいたします。
 
地球環境にやさしい家づくりとして 省資源、循環型住宅が見直されています。又 周りの環境と親しむ住まい 健康で快適な住まいを提案していきたいと思います。

(1) 住宅の建設時に消費する資源を減らす努力をしましょう
(2) これまでは廃棄されていた資源を建材として再利用する(間伐材、製造過程で発生する木片のリサイクル等)
(3) 建物の耐久性を向上させるとともに 部屋利用を可変できる空間により建設サイクルを長期化する住まい手の変化に応じ 間取りを簡単に変えられる工夫を最初から設計しておく)
(4) 日頃の手入れがしやすく 換気、掃除等日々のメンテナンスにより住まいを長持ちさせる工夫を
(5) 太陽エネルギー利用や伝統的なひさしや落葉樹等による日射の調整により省資源住宅を
(6) 植樹や屋上や壁面の緑化は 心に安らぎを与え同時に日照調整、断熱、防犯に役立ちます
(7) 天然ムク材や土壁、和紙、畳等天然素材の活用は環境を汚さず カビ、ダニ、結露 発生を抑えるものです
(8) 昔ながらの縁側やパーゴラ、テラス、土間は室内とも室外ともなりうる空間で 内外を柔らかく区切り周りの自然を屋内に取り入れることが出来る日本古来のすばらしい生活文化です。
 
 

収益物件・売買物件をお探しの方はこちら
住宅用不動産物件検索
 
 
 
 
Copyright (C) 2004 BauHaus Corporation All Rights Reserved.